今月の花壇   | 交通案内  | 職員募集  | サイトマップ  | リンク  | 問合せ

メニューバーがうまく展開できない場合は、お手数ですが、トップページに一旦戻ってからメニューに進んでください。

ライン

リハビリテーション〜言語聴覚療法

ライン

言語聴覚療法とは

言語聴覚療法

 失語症や構音障害に対して、声を出す練習や言葉の練習などを行い、言語機能の改善やコミュニケーション機器を用いた伝達方法の確立などに取り組んでいます。
 また脳卒中や頭部外傷後遺症のひとつである高次脳機能障害に対してのリハビリ訓練にも取り組んでいます。

摂食・嚥下療法とは

嚥下リハビリテーション

 摂食、嚥下機能は、栄養状態や身体機能の回復と密接な関係があるといわれていることから、当院では嚥下機能に関する内視鏡検査を実施するとともに、言語聴覚士・看護師・管理栄養士・歯科衛生士・理学療法士・作業療法士が協力して、患者さまの摂食・嚥下機能を改善するリハビリ訓練を行っています。
 また、経口摂取ができない方にも少しでも「味覚」を感じていただけるよう微量の経口摂取の援助を行っています。
 詳しくは、摂食・嚥下障害のリハビリテーション をご覧ください。

回復期リハビリテーション病棟における言語聴覚療法

言語聴覚療法

コミュニケーションの改善

 脳卒中や、頭部外傷などによって生じた、コミュニケーションの障害(失語症・構音障害など) のある患者さまに対して、言語機能の改善に向けてのリハビリ訓練を積極的に行っています。
 言語機能面のみへのアプローチだけではなく『コミュニケーション』を広義にとらえ、 代償的な方法の指導や、ご家族等への指導、コミュニケーション機器の提示や、 コミュニケーション方法の提案を行っています。

摂食・嚥下機能の改善

 摂食・嚥下障害の患者さまに対しては、嚥下内視鏡検査を積極的に行っており、 その結果に基づいて個々の状態に応じた、摂食・嚥下訓練を実施しています。
 特に、摂食・嚥下障害の患者さまに対しては、医師を中心に、各スタッフ (管理栄養士・歯科衛生士・病棟スタッフなど)とともに、経過の中で、食事形態の検討・ 食事内容の検討・介助方法についての提案も行い、より安全によりおいしく食事を召しあがって いただくように支援しています。

当院の言語聴覚療法室

言語聴覚療法

 当院リハビリテーション部言語聴覚療法室には、言語聴覚療法士が9名、歯科衛生士2名(看護部所属)が在籍(平成21年9月現在)し、入院患者さまへのリハビリテーション、外来患者さまへのリハビリテーション等を担当しています。
 また、耳鼻咽喉科科専門医による内視鏡を用いた嚥下機能の検査を行ない、嚥下機能の診断と評価に役立てています。

ことばの瓦版

ことばの瓦版


 言語聴覚療法室では、言語障害や失語症、言語聴覚療法などについて、患者さまに理解していただくことを目的に、「ことばの瓦版」を発刊しています。
 年に2-3回ずつ、発刊しています。
 これまでに発刊したかわら版をご覧ください。


創刊号 平成17年6月23日発行

  言語療法室の活動
  シリーズ言語障害1「言葉とは?」

第2号 平成17年10月29日発行

  失語症について
  とっておき博物館
  シリーズ言語障害2「失語症」

第3号 平成18年5月1日発行

  シリーズ言語障害3「失語症その2」
  失語症の種類
  家庭での言語訓練

第4号 平成18年11月13日発行

  構音障害について
  ST(言語聴覚士)が行っていること
  口の体操

第5号 平成19年5月19日発行

  構音障害の方への接し方
  代償手段
  言葉の練習

第6号 平成20年10月27日発行

  高次脳障害とは?
  高次脳障害による症状
 

第7号 平成21年10月1日発行

  高次脳障害とは構音障害の方への接し方
  STによるリハビリ
  どのように接するか?

第8号 平成22年8月12日発行

  高次脳障害とは構音障害の方への接し方A
  STによるリハビリ
  どのように接するか?

第10号 平成24年5月16日発行

  摂食・嚥下障害とは
  飲み込みの機能

 医療法人社団康人会 適寿リハビリテーション病院
 653-0876 神戸市長田区花山町2丁目11番32号 電話078(612)5533 FAX 078(612)5535

Copyright (C) TekijuRehab. All Rights Reserved.