医療法人社団 康人会 適寿リハビリテーション病院

  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • 入院・外来のご相談は 受付時間 9:00~17:00
  • 0120-968-313

看護部

「ご自宅での生活に復帰すること」を目標に、医師・セラピスト・薬剤師・管理栄養士と連携し、生活期リハビリテーションを看護の立場で行います。
入院当初より、患者さまおよびご家族のみなさまと話し合いをしながら、必要な日常生活動作の獲得に向けて、心身の状態を最良に整えるための看護を行っています。

患者さまが回復されて退院されるときには、笑顔でご自宅に戻っていただけるように看護しています。
また、地域のみなさんと連携して、病める人が適応できる社会づくりにも貢献しています。

看護の基本理念

  • 快適な入院生活の援助
    診療の補助のみならず、患者さまの食事、排泄、清潔など、身の回りの世話を手厚く行い、 快適な入院生活が送れるように援助する。
  • リハビリテーション看護の実践
    日常生活動作に結びついたリハビリテーション看護を積極的に行い、寝たきり状態を防止し、 家庭復帰を目指す。
  • 信頼関係の構築
    患者さまにとって、活気ある生活が送れるよう、精神面の援助を含めて、 やさしく思いやりのあるベッドサイドケアに努める。 またご家族に対する理解と配慮を心がけ、『患者さま』と『ご家族』と『看護師』の間の 信頼関係に根付いた看護を行う。
  • 生命に対する尊厳と畏敬
    終末期の患者さまの看護にあたっては、生命に対する尊厳と畏敬の念を持ち、 最期の時を最高に位置づけるために、あらゆる看護を惜しまず実施する。
0120-968-313
ページトップへ戻る